天候不順が続いていた今年のGWですが、昨日(憲法記念日)は朝から快晴のいいお天気になったので、箕面のお山に行ってみました。
緊急事態宣言下で外出は控えないといけないのですが。真っ青な空をみると、家の中に籠るのは精神衛生上よくありません。(汗)

箕面のお山のポイントを3か所ほどまわってみました。
期待した冬の野鳥との出会いはありませんでしたが、いろいろな野鳥などが、相手をしてくれました。

DSA21050308893_SILK_M
お山では、相変わらず「ニホンリス」君が、可愛い姿を見せてくれました。
これから暑くなるけど、いつまでここにいてくれるかな?

DSA21050308895_SILK_M

DSA21050308920_SILK_M

DSA21050308939_SILK_M

DSA21050308941_SILK_M
座ってドングリを食べているところは、ゆっくり撮れますが、動き出すとすばしっこくて、ファインダーに捉えるも難しくなります。
その上、木陰でうす暗いので、ISO6400まで上げてもシャッター速度が遅く、被写体ブレばかりとなります。
どうにか撮れた2枚です。

DSA21050308913_SILK_M
水浴びにやってきた「ヒガラ」です。

DSA21050308923_SILK_M
同じく水浴びにやってきた「ヤマガラ」です。

DSA21050308966_SILK_M
最近、水浴びによくやって来る「ソウシチョウ」です。

DSA21050308969_SILK_M

DSA21050308996_SILK_M
カラフルで可愛い鳥ですが、外来生物法で特定外来生物にしていされ、「日本の侵略的外来種ワースト100」にも選ばれている鳥です。
本来は南の暖かいところの鳥ですが、温暖化で西日本の各地に広がっていて、日本古来の野鳥を脅かしています。
なかなか完全な駆除は難しいでしょうね。

DSA21050309005_SILK_M

DSA21050309006_SILK_M

DSA21050309007_SILK_M
あらヨっと飛んで180度方向転換。(笑)

DSA21050309010_SILK_M
行くぞ!のポーズ。(笑)

DSA21050309011_SILK_M

DSA21050309018_SILK_M
水浴び時間の短いこと。
水に入って、バチャバチャとして、一瞬であがってしまうので、水浴びするところは、飛び込みそうなところに置きピンで撮っています。(笑)
被写体としては、面白い鳥です。

DSA21050308977_SILK_M
池の周りを採餌で歩き回る「ホオジロ」君です。

DSA21050308929_SILK_M
池のすぐ近くにやってきた「キビタキ」君です。
池の周辺に数羽の「キビタキ」君がいました。

DSA21050309046_SILK_M
お山の上の方にいた「キビタキ」君です。
今シーズンは、どこへ行っても「キビタキ」君がいっぱいです。

DSA21050309059_SILK_M
お山の上で一瞬だけとまってくれた「サンショウクイ」です。
前に枝があり、目が隠れてしまったのが、残念です。

DSA21050309073_SILK_M
地面に下りていたので「キビタキ」嬢と思っていたのですが、自宅で確認すると「コサメビタキ」でした。

DSA21050309076_SILK_M
お山の人の少ないハイキング道にいた「オオルリ」嬢です。

DSA21050309077_SILK_M
飛び立った瞬間ですが、残念なことに顔が手前に枝に重なってしまいました。(泣)

DSA21050309081_SILK_M
お風呂上がりのような頭の「オオルリ」嬢です。(笑)
すぐ下に川が流れているので、水浴びしていたのかもしれません。

DSA21050309083_SILK_M

DSA21050309091_SILK_M
頭は落ち着きましたが、からだの方は、まだ濡れている感じです。(笑)

DSA21050309094_SILK_M
同じところにいた「ホオジロ」君です。
「キビタキ」君の歌声も聞こえましたが、姿は見られませんでした。
「オオルリ」君も探したのですが、姿はありませんでした。

このハイキング道ポイントは人も少なく、ゆっくり撮れていいのですが、トイレが無いのが残念なところです。
これから「サンコウチョウ」もやって来てくれるといいのですが。

その「サンコウチョウ」が、この日の朝、箕面V.C.で見られたとのことでした。
先日、お城で確認されたところですが、すでにお山にもやって来ているようです。
昨年は、なかなか出会えませんでしたので、今シーズンは、出会えることを願っています。

緊急事態宣言下で公共施設・公共公園が閉鎖や休園となり、遊びに行くことが出来ない人が、箕面のお山ならと大勢の家族やグループがやって来ていました。
記念の森も多くのクルマが路駐となっていましたが、一番ひどかったのは、大滝の上の大日駐車場近くの道路です。
片側にずらっと駐車するクルマが延々と並び、クルマを下りて歩く人も多く、ちょっと危険な状態となっていました。
大日駐車場を閉鎖しても滝は閉鎖できないので、こんな状況になることは想像できたのではないでしょうか?
これなら駐車場をあけた方が安全だったのではないでしょうか?(どうせコインパーキングなので)

自宅近くの都市公園も今日は家族連れや若い人のグループがいっぱいで、マスクをせずに大騒ぎしているグループもあり、これなら万博記念公園などを休園にせず、広い公園を散歩させる方がよかったのではと思います。
屋外でも感染の可能性があるとのことですが、郊外の公園などを完全に封鎖することは出来ないので、オープンスペースな公園は、休園にしなくてもよかったのではと思います。
行き場のない家族などが、大型スーパーなどに家族大勢でやって来ているのも見ましたので、矛盾がいっぱいです。

<2021年5月3日:箕面のお山にて>