土曜日は、前日の娘の引っ越しの疲れと筋肉痛がひどかったので、午前中の近場の散歩としました。
一気に満開となった桜の咲く中の野鳥撮りの散歩となりました。
桜の写真も撮ったので後日、本宅の「LuckyBook's Photo Square 2」にアップする予定です。
ここでは、野鳥中心でアップします。

DSA21032706018_SILK_M
EBI池近くのグランド広場で「ツグミ」がまだまだいるよという雰囲気で、歩き回っていました。(汗)

往路のEBI池周辺では、あまり野鳥の姿は見られず、小中学校裏の小路へと向かいました。

DSA21032706044_SILK_M
小路沿いの森の中で「シロハラ」です。
こちらも冬鳥の象徴ですね。

DSA21032706067_SILK_M
そして、小学校裏の森の中に「ルリビタキ」君が、まだ居ました。
もう旅立ちしたかと思っていましたが、まだ滞在していました。

DSA21032706064_SILK_M
歌っているように大きく口をあけていますが、歌声は聞こえませんでした。
「ルリビタキ」のさえずりってどんな歌声なのでしょうね。
この「ルリビタキ」君は、相変わらず人見知りするタイプで、あまり近くには来てくれず、少し撮らせてくれるとどこかへ行ってしまいました。

この後、TAKAMACHI池の奥へも行ってみましたが、鳥影は薄く残念でした。
公園の桜が満開で、ここで桜もちょっと撮ってみました。
桜と野鳥を期待したのですが、桜には何も来ておらず、ちょっと残念でした。

DSA21032706144_SILK_M
往路の中学校裏では、今度は「ルリビタキ」嬢(メスタイプ)が、姿を見せてくれました。
こちらは、愛想がよく、いっぱい撮らせてくれました。

DSA21032706157_SILK_M
私は「コブシ」って、ちょっと違うか。(笑)

DSA21032706169_SILK_M

DSA21032706174_SILK_M
可愛い姿の「ルリビタキ」嬢です。

DSA21032706201_SILK_M
近くに山桜咲いていたので、近くに来て欲しいと思っていたら、少しだけ近くに来てくれました。
枝被りがありますが、「ルリビタキと桜」が撮れました。(笑)

この後、全く出会いの無かった「カワセミ」とやっと出会えました。
それも、・・・・。(笑)

DSA21032706214_SILK_M
小中学校裏の小さな池に着くと目の前に「カワセミ」君が姿を見せてくれました。
嘴の先に何か白いものがついてますね。(これが後々の疑問になります。)

池で「カワセミ」の声がいろいろと聞こえます。一羽ではなさそうです。

DSA21032706224_SILK_M
「カワセミ」が飛んで行った先を探すと池際の笹の中にいました。
しかし、こちらは「カワセミ」嬢です。
先に見たのは、オスでしたので、同じ池にオスとメスがいます。

DSA21032706227_SILK_M
また「カワセミ」が飛んできました。
今度はオスです。
しかし、嘴の先の白いものがありません。
この間に池に飛び込んだ様子はありませんので、簡単に取れるはずはありません。
オスが2羽いて、別個体?となりました。

DSA21032706237_SILK_M
オスが飛び回って獲物を探していますが、メスはじっと待っています。(笑)
ちゃんと食べ物を持ってきてくれたら、つきあってあげるよ、って感じでしょうか?(笑)

DSA21032706261_SILK_M

DSA21032706268_SILK_M

DSA21032706287_SILK_M
最初にオスを見つけてから30分近く、結局オスがメスに捧げものを持って行くことは出来ませんでした。(泣)
お昼には帰らないといけなかったので、こちらが諦めて移動しました。
この後、オスがメスに捧げものを持って行っていたら、ラブラブになったかもしれませんね。
この池で子育てする様子が見られるといいのですが。

DSA21032706312_SILK_M
帰りにEBI池に寄ると若葉が出てきたモミジに「メジロ」が来ていました。

DSA21032706313_SILK_M

DSA21032706315_SILK_M

DSA21032706343_SILK_M

DSA21032706347_SILK_M

DSA21032706355_SILK_M
青空の下で、きれいなモミジの若葉の中を飛び回っている「メジロ」を撮ることが出来ました。

DSA21032706392_SILK_M
グランド広場横の茂みの中に「イカル」の小さな群れがやって来ていました。

DSA21032706397_SILK_M
大きなドングリをくわえてかじっています。(笑)

普通ならこれでお終いですが、今日は自宅でも出会いがありました。

DSA21032706408_SILK_M
自宅横の公園に「イソヒヨドリ」君が下りて来ていました。

DSA21032605934_SILK_M
今年もマンションの屋根にやって来ている「イソヒヨドリ」です。

そして、自宅マンションの庭の満開の桜のところに行くと、野鳥がやって来ていました。

DSA21032706427_SILK_M
桜に来ていたスズメです。
でも、桜の蜜を味わっているのではなさそうです。

DSA21032706516_SILK_M

DSA21032706518_SILK_M

DSA21032706523_SILK_M
わかるでしょうか?
「スズメ」は、桜の花を花茎からちぎっているのです。
そして、この後は、落とすだけ!(笑)
上の3枚を見ていただくとちぎった桜の花が一つなくなっています。わかるかな?
武庫川駅の「スズメ」は、この遊び?が流行っていて、桜の木の下には、茎からちぎられた桜の花がいっぱい落ちています。
この遊びは、広がらないことを願いますね。(笑)

DSA21032706440_SILK_M
同じ桜に「メジロ」も来てくれました。
これが撮りたかった「桜と野鳥」の写真です。
緑地をまわってきて、最後に自宅で見られるとは。(笑)

DSA21032706485_SILK_M
「メジロ」は、花をちぎるのでなく、花の中の甘い蜜の部分を食べています。

DSA21032706489_SILK_M
そして、嘴のまわりに花粉がいっぱいつけて、受粉の助けもしています。

お天気の良かった土曜日の自宅周辺の野鳥撮りの散歩でも、いろいろな野鳥を楽しむことが出来ました。

<2021年3月27日:千里緑地、自宅周辺にて>