8月末になっても、まだまだ35℃越えの猛暑日が続くので、ちょっとでも涼しいと思われる箕面のお山に行ってきました。
ちょっと早起きして、早めに出かけましたが、まだまだ遅かったようです。(汗)

みのお記念の森へ行く前にダムの上のクルマをとめて、ちょっとだけビジターセンターへ向かう方へ行ってみました。

DSA20082901865_SILK_M
斜面をちょこちょこ動いていた「ヤブサメ」です。
木陰でうす暗い中を動き回っていたので、シャッター速度が遅くブレブレです。
他に野鳥の気配が感じられず、記念の森へ向かいました。

開門前だったので、クルマをとめて、木道周辺を散策です。

DSA20082901873_SILK_M
木道の池のところにやってきた「キビタキ」嬢(かな)です。
池の上の木にちょっととまって、すぐに飛び去ってしまいました。(泣)

DSA20082901881_SILK_M
木道の住人の「ホオジロ」君です。
ちょっとだけ姿を見せてくれて、すぐに飛び去ってしまいました。(泣)

周辺をウロウロしましたが、野鳥の気配が無いまま時間だけが進み、門が開く時間になり、クルマを駐車場に止めました。
この後、先に来られていたBirderさんにお会いしたところ、木道の少し上で「コルリ」が出ていたとのこと。
木道周辺だけでなく、もう少し上まで散策していれば、チャンスがあったかもでした。

この後、「コルリ」ポイントへ行って待機しましたが、出てきてくれず、今日は出会いはありませんでした。

DSA20082901883_SILK_M
「コルリ」を探しているときに出てきた「ホオジロ」嬢です。

この後、お昼前までお山をウロウロしましたが、野鳥の気配がほとんどなく、今日は坊主でした。
帰りに箕面ダムのポイントへ立ち寄ってみましたが、ここでも野鳥の姿は見られませんでした。

DSA20082901906_SILK_M
ダムの散策道で見かけた「カラスアゲハ」です。
もう野鳥でなくてもOKです。(笑)

DSA20082901934_SILK_M

DSA20082901937_SILK_M
後翅の先が切れていますが、美しい姿でした。

DSA20082901955_SILK_M
「ミ~ン!ミ~ン!」と五月蠅かった「ミンミンゼミ」です。
大阪の平地では、あまり声を聞きませんが、お山の上では本当にうるさい存在です。(汗)

DSA20082901957_SILK_M
川沿いでウロウロしていた「キビタキ」嬢です。
そろそろ旅たっていく頃でしょう。

やはり季節の変わり目で、野鳥の入れ替わり時期にもなり、お山でも野鳥が少なくなっている感じでした。
タイミングが合わないと、さっぱりでした。
もう少し季節が進んでからの方が良さそうでした。

先週の日曜日の話ですが、マイカー(インプレッサ)のタイヤを交換しました。
新車で購入して、まだ3年余りしか経っていませんが、普段、土日の休日しか乗っておらず、その上、青空駐車で紫外線照射を受け続けていてタイヤがボロボロになっていました。

DSC20082302631_M
交換前のBRIDGSTONE「TURANZA T001」です。
クラック(ひび割れ)がいっぱい入ってきていて、高速道路走行中にバーストしないかと、ちょっと心配していました。
交換するにあたり、純正でもある「TURANZA T001」に交換するか、違うタイヤに交換するか、悩んだ末に、滅多にないことですが、冬の突然の積雪などでも困らないようにオールシーズンタイヤにすることにしました。

DSC20082302654_M
タイヤサイズなどから選択肢は少なかったですが、ネットで高評価だったMichelinの「CROSSCLIMATE SERIES+(クロスクライメート プラス)」にしました。
「雪を走れる夏タイヤ」として、ドライ、ウェットの道路でも夏タイヤと同等以上の走行性能を持っていて、雪道も走れるタイヤです。
冬専用のスタッドレスタイヤではないので、凍結路は走れません。

DSC20082302649_M
冬用タイヤとして「スノーフレークマーク」と「M+Sマーク」もついていて、高速道路の冬タイヤ規制時の走行も可能です。(凍結時はNGです。)

DSC20082302647_M
タイヤのトレッドパターンが、ちょっと特殊ですが、このパターンで夏タイヤでありながら雪道が走行可能となっているようです。

このタイヤで、今日、初めてお山を走行しましたが、純正の「TURANZA T001」と変わらないか、それ以上の静粛性があり、安定感がありました。
コーナーリングでちょっと攻めてもしっかりグリップしていて、全く不安はありませんでした。
冬場に雪が必ず積もるところでは、スタッドレスタイヤが必須ですが、大阪などの時々の大雪の積雪でクルマが走れなくなるような地域では、このようなタイヤが標準タイヤでもいい感じでした。
これで冬場も安心して野鳥撮りに出かけられそうです。

<2020年8月29日:箕面のお山周辺にて>