土曜日にお山の散策をしたので、昨日(日曜日)は近場の緑地の野鳥撮りの散歩としました。
日中は暑くなってきたので、近場の季節の野鳥は少なくなりました。

DSA20052407928_SILKM2

DSA20052407931_SILK_M
頭の上を「エナガ」の群れが通過して、1羽が枝にとまって羽繕いを始めたので可愛い姿が撮れました。
でも、目の上に赤いアイラインがちょっと怖い感じもしますね。(笑)

DSA20052407957_SILK_M
TAKAMACHI池に着くと「カワセミ」君が姿を見せてくれました。
35mm換算の600mm相当のノートリですが、わかりますか?

DSA20052407958_SILK_M
思いっきりトリミングして、こんな感じです。
スラっと細身の「カワセミ」君ですね。

DSA20052407993_SILK_M
同じ「カワセミ」君が、いいところにとまってくれました。

DSA20052408004_SILK_M
飛翔シーンも撮らせてくれました。

DSA20052407986_SILK_M
二羽の「コゲラ」がラブラブな感じだったので、撮って自宅で見ると、何と母子でした。
お母さんが、幼鳥に口移しで虫(アリ?)を食べさせていました。
姿を見ると幼鳥とは思えません。

DSA20052407989_SILK_M
同じ母子の「コゲラ」です。
お母さんが、一生懸命に虫を探していて、幼鳥はまだかな?と待っているところです。
それだけ大きくなったら、自分で探せよって言いたくなりますね。
このお母さん、ちょっと甘やかし過ぎでは?(笑)

池横の茂みで「キビタキ」がいましたが、撮れませんでした。(泣)

DSA20052408014_SILK_M
小学校裏の小さな池で「トンボ」です。
暑くなってきて、「トンボ」もいっぱい飛んでいました。

DSA20052408016_SILK_M
小さな池でも「カワセミ」君が姿を見せてくれました。

DSA20052408017_SILK_M
茂み中に向かってダイビングです。
この後は見えなくなりました。

DSA20052408026_SILK_M
そして、この小さな池には、「カワセミ」嬢もいました。
別々に行動していて、カップル感がありませんでした。(笑)

DSA20052408046_SILK_M
EBI池横の緑地で「メボソムシクイ(多分)」がよくさえずっていました。

DSA20052408072_SILK_M
「ムシクイ」ジャンプです。(笑)

ここでも「キビタキ」がいましたが、なぜか、僕の視界には入らず撮れませんでした。
横で撮っていた奥さんはしっかり撮っているのに。(泣)

朝早くからお昼まで近場だけをノンビリまわっていろいろと楽しめました。

しかし、近場の公園周辺は人が多いですね。
狭い路を集団でランニングする人たちもいて、三密を避けての散歩は、やっぱりお山の方が良さそうです。
そして、この数か月、近場で感じるのは、新しく野鳥撮りを始められた方が多いことです。
以前は見かける方はだいたい顔見知りだったのですが、最近は今まで見たことない方がカメラを持ってウロウロされるのをよく見ます。
奥さんに聞くと平日もよく見かけるとのことなので、在宅勤務などで平日の空いた時間に回られているのかもしれません。
それと女性のBirderさんも増えましたね。

最後にお知らせです。
この周辺は、この時期は、「ヒメボタル」のシーズンですが、新型コロナウイル対策で夜は通行止めとなっています。
小路の出入り口に簡易の門がつくられていて、夕方から通れなくなっています。
https://www.city.suita.osaka.jp/home/soshiki/div-doboku/kouenmidori/_75484/koronaui_copy.html

「ヒメボタル」撮影に来られないようにご注意ください。

<2020年5月24日:千里緑地周辺にて>