今週の日曜日は、遠出せずに近場で気分転換の野鳥撮りの散歩でした。
お山と違ってまだまだ冬鳥も滞在中で夏冬混在の千里緑地でした。

時間的順番は無視して場所別にアップします。

最寄りのEBI池周辺で出会った野鳥たち

DSA20042606404_SILK_M
「ムシクイ」の仲間は、声を聞かないと判別が難しい時がありますが、この鳥は、頭中部にラインがはっきり見えたので、「センダイムシクイ」ですね。

DSA20042606405_SILK_M

DSA20042606410_SILK_M
撮りやすいところに出てきてくれた「センダイムシクイ」です。
緑がいっぱいになってきたので、野鳥をなかなか見つけにくくなってきました。

DSA20042606419_SILK_M
「メジロ」が、何気に、怒っていました。(笑)

DSA20042606415_SILK_M

DSA20042606553_SILK_M
「キビタキ」君が、ちょっとだけ姿を見せてくれました。
池の横の茂みに2個体が居てました。(もしかしたら3個体かも?)

DSA20042606538_SILK_M
可愛い「コサメビタキ」も姿を見せてくれました。

DSA20042606545_SILK_M
色合いは地味ですが、このまん丸の大きな目がチャームポイントですね。

ここの「モミジ(カエデ)」も春の一番美しい時になっていました。

DSA20042606423_SILK_M

DSA20042606427_SILK_M

DSA20042606531_SILK_M

DSA20042606536_SILK_M
このシーズンの「モミジ」は、緑だけでなく、深紅、オレンジ色と、色もいろいろあり、秋の紅葉と違う美しさがあります。

野球グランドのまわりの野鳥たち

DSA20042606526_SILK_M
数は少なくなってきましたが、「シロハラ」もまだ残っていました。

DSA20042606429_SILK_M
ここでも「コサメビタキ」がいました。

DSA20042606511_SILK_M

DSA20042606512_SILK_M
ここでも「キビタキ」君がいい声で歌っていました。 (交番近くです。)
この後、TAKAMACHI池近くでも見かけたので、この千里緑地周辺だけで4個体以上の「キビタキ」君がやって来ていますね。
今年は「キビタキ」の当たり年かな?

DSA20042606521_SILK_M
野球グランド横の「ハナミズキ」もきれいに咲いていました。

小中学校裏の小路沿いの野鳥たち

DSA20042606435_SILK_M
可愛いポーズをしてくれた「エナガ」ちゃんです。

DSA20042606502_SILK_M

DSA20042606504_SILK_M
遠かったですが、小さな池に「カワセミ」嬢がいました。
この日は、TAKAMACHI池では見られなかったので、「カワセミ」はここだけでした。

DSA20042606444_SILK_M

DSA20042606446_SILK_M
中学校のグランドの木にいた「ツグミ」です。
はるか遠く大陸へ渡っていくと思いますが、数羽が残っていました。
ちょうど虫をキャッチしたところです。

DSA20042606478_SILK_M
一羽だけでウロウロしていた「アオジ」君です。
渡り鳥でなく、漂鳥ですが、関西には冬鳥としてやって来ているので、そろそろ移動のころと思います。

TAKAMACHI池のまわりでも探してみましたが、この日は季節の野鳥は見られませんでした。
今日(火曜日)、奥さんが、TAKAMACHI池奥の茂みのあたりで「オオルリ」君を撮っていましたので、まだまだ「オオルリ」も通過中のようです。
そろそろメスもやって来るころでしょう。

こんな感じの日曜日の午前中の野鳥撮りの散歩でした。
朝は人も少なくノンビリ散歩が出来ましたが、お昼前には散歩の人が増えてきて、ちょっとやばいかな?となりました。
小中学校裏の小路では、10人ほどでマスクもせずに密集してランニングする集団とすれ違い、「それはNGやろ!」って心の中で叫びながら通り過ぎました。(汗)
ランニングするのにも注意して欲しいですね。

DSA20042606558_SILK_M
オマケは、自宅マンションの花壇の「チューリップ」です。
開き切っている花ですが、望遠で撮るとカラフルでなかなかいい感じでした。

<2020年4月26日:千里緑地周辺にて>