昨日(土曜日)は風が強く曇り空でお天気がイマイチな上、午後から用事があったので、近場の散歩にしました。
今年の春はバタバタしていてすっかり忘れていましたが、千里緑地の「ヒメボタル」のシーズンとなっていました。

IMG_5454_S
まだ三桁になったところという感じですが、これから一気に増えるかもしれません。
雨の後に増えることが多いので、週明けの雨の後、増えるかもしれません。
情報はこちらからどうぞ。

DSCS19051800685_LS
海老池沿いの「紅葉の小路」の「ノムラモミジ」が春の紅い葉から緑に変わって来ていました。
このグラデーションがきれいです。

千里緑地の木々の中では、「キビタキ」がさえずっていましたが、姿を見ることは出来ませんでした。
この後、南千里周辺の公園をまわってみました。
遠い方の公園は、「カラス」ばかりで、季節の野鳥は見られません。
グルっと回ってから駅近の公園へ向かいました。

丘の上に上がってみましたが、静かです。
季節の野鳥の声は聞こえません。

DSAS19051800393_LS
「エナガ」の小さな群れが通過していきました。
ひな鳥(幼鳥)も一生懸命についていっていました。

丘の上をウロウロしていると、「イソヒヨドリ」の姿を見ましたが、撮ることは出来ませんでした。
「キビタキ」メスの声も聞こえましたが、こちらは姿を見ることも出来ませんでした。
何か現れないかと期待しましたが、期待外れとなり、池の方へ行っていました。

池淵の茂みの中でBirderさんが撮られていたので、ご一緒させていただきました。

DSAS19051800405_LS 
池に張り出した枝の上に「カワセミ」の幼鳥が、一羽でとまっていました。
手前に木々があり、撮影には厳しい状態でした。

DSAS19051800447_LS
ちょっと場所を移動してくれて、少し撮りやすくなりました。

DSAS19051800486_LS
背中のブルーは「カワセミ」らしく美しいブルーになってきていました。

DSAS19051800506_LS
でも、胸は、まだ茶色っぽく、美しいオレンジ色にはなっていません。

DSAS19051800527_LS
また少し移動して、開けたところにとまってくれたのですが、池の水面の汚れが風に流されて集まってきて、背景がイマイチです。

DSAS19051800527_LS
親鳥がやって来るのが気になるのか、周りをきょろきょろしています。

DSAS19051800544_LS
まわりを「スズメ」が飛び回っていたので、それも気になったのかもしれません。(汗)

DSAS19051800557_LS
ここにとまってリラックスしたのか、羽伸ばしや身繕い(羽繕い)をよくしていました。

DSAS19051800566_LS

DSAS19051800587_LS

DSAS19051800597_LS
いろいろなポーズをとってくれて、いいモデルです。

この後、親鳥の声が聞こえて、奥の方へ飛んでいきました。

DSAS19051800614_LS
親鳥(左上)からの口移しは見られませんでしたが、兄弟で獲物の取り合いが見られました。


DSAS19051800619_LS
長い時間、綱引きのように引っ張り合いをしていました。
これも自然界で生き抜くためのお勉強でしょうか?

DSAS19051800628_LS
取り合いが終わったら、そっぽを向いてしまいました。(笑)

DSAS19051800637_LS
少し移動して、三羽がいい感じで並びました。
上と左下が幼鳥で、右が親鳥です。
胸のオレンジ色の鮮やかさで違いがよくわかります。

DSAS19051800643_LS
親鳥が少し移動して、獲物を狙っていましたが、ゲットにはなりませんでした。

DSAS19051800673_LS
幼鳥が一羽、少し移動して、また身繕いです。

DSAS19051800703_LS

DSAS19051800696_LS
いい感じでカメラ目線です。(笑)

季節の野鳥との出会いはありませんでしたが、「カワセミ」の可愛い姿を楽しむことが出来ました。

来週は、どこかで季節の野鳥と出会えるといいのですが。
そろそろ「フクロウ」も気になります。  

<2019年5月18日:南千里周辺の公園にて>