入院している父の付添や悪天候でなかなか野鳥撮りの散歩に行けていませんが、日曜日に父の容態も安定していたので、午前中に万博公園の日本庭園へ行ってみました。 
朝から小雨が降っていて肌寒かったですが、気分転換もかねて思い切って出かけました。
2週間ほど前に日本庭園にいろいろな野鳥が来ているとの情報をもらっていたのですが、その後、父の容態が不安定になり行けていませんでした。
渡りのシーズンなので、2週間もたつともういないかなぁと思っていきましたが、ちょっと珍しい野鳥とも出会えてよかったです。

IMG190317_5139_S
天候は悪かったですが、お祭り広場で催しが行われていて、10時前には駐車場が埋まっていました。

IMG190317_5140_S

IMG190317_5141_S
日本庭園前の「平和のバラ園」は改修工事でバラがすべて刈り取られていました。
新しく植え替えられ、新たに藤棚も設置されるそうです。
きれいな花が見られるまで数年はかかるでしょうね。

IM7D1903172404_LS
梅林で梅の花に「メジロ」でも来ていないかと行ってみましたが、花に野鳥は来ておらず、地面の上を「ツグミ」が歩いていました。
梅の花もほぼ終わりかけで、花を撮る気持ちにさせてくれませんでした。

IM7D1903172407_LS
梅林横の「アセビ(馬酔木)」に「メジロ」が来て、花の蜜を食べていました。
葉には毒がありますが、花は大丈夫なのでしょうね。
「メジロ」が酔ってフラフラするところが見てみたい気がしますが。(汗)

IM7D1903172420_S
迎賓館裏の茂みに行ってみると「カワラヒワ」の群れが、地面に降りて採餌中でした。

「カワラヒワ」を撮っていると、少し大きめの鳥が飛びました。
パッと見た感じは「アカハラ」のように見えました。

IM7D1903172434_LS

IM7D1903172439_LS
お腹が赤いので、撮っている時は、久々に出会えた「アカハラ」と思っていました。
しかし、自宅に帰ってモニタを見ていると、目の上と下にある白い眉斑に気が付きました。
「アカハラ」と違い、もっと珍しい「マミチャジナイ」でした。

IM7D1903172462_LS

IM7D1903172466_LS
でっかい獲物をゲットして、振り回しながら丸呑みしていました。
ちょっとグロテスクなのでぼかしています。

この周辺で「トラツグミ」もいたようですが、この日は見られませんでした。
もう旅たったのでしょう。
でも、「マミチャジナイ」に出会えただけでもラッキーでした。

IM7D1903172475_LS
野鳥ではありませんが、滝のしぶきがいい雰囲気だったので、撮ってみました。

IM7D1903172499_LS

IM7D1903172501_LS
竹林の芝生の上を「ツグミ」が歩いていました。
自宅周辺ではあまり見かけませんでしたが、万博公園にはたくさん来ているようです。

IM7D1903172515_LS
茶室の裏の茂みにいた「シメ」です。

IM7D1903172529_LS
数羽の「シメ」がいました。

IM7D1903172521_LS
同じ場所にいた「シロハラ」です。(眉斑はありません。)

IM7D1903172506_LS
「ツバキ」がきれいに咲いていました。
でも、花全体が完璧にきれいな花はありませんね。

IMG190317_5147_S
はす池は水抜きが行われていて、何もありませんでした。

IM7D1903172482_LS
はす池の泥の上を「ツグミ」が歩いていました。
本当によく見かけました。

IM7D1903172484_LS
魚がいる様子はなかったのですが、「アオサギ」が何かを探していました。

IM7D1903172494_LS
はす池から心字池に移動していた「カイツブリ」です。

時々雨が強くなったりしましたが、2時間余りで日本庭園をまわって、いろいろな野鳥と出会えました。
「マミチャジナイ」との出会いは、よかったです。

帰りに日本庭園前ゲートの前の「大地の池」でラジコンヨットを走らせていました。

IM7D1903172533_LS

IM7D1903172539_LS

IM7D1903172540_LS
ちょうどいい風が吹いていたので、気持ちよさそうに走っていました。
望遠で撮ると本物とそっくりに精密に作られているのがわかります。

IM7D1903172546_S
池の横で待機している船を見ると、本当にすごいですね。
写真(カメラ)もお金のかかる趣味ですが、こちらもすごくお金のかかる趣味でしょうね。

久々の万博公園の散歩でいい気分転換にもなりました。

<2019年3月17日:万博公園・日本庭園にて>