今朝は秋晴れの最高のお天気になったので、久々に万博公園に行ってきました。
陽射しが強く暑い中、野鳥半分、花など半分で半日を楽しむことが出来ました。
こちらのblogでは、野鳥のみをアップして、花などは、本家のPhoto Square 2 のblogにアップします。

IM7D1810089253_L-S
開園と同時に公園に入って最初に姿を見せてくれたのは、「セグロセキレイ」でした。
燕尾服を着た紳士が闊歩している感じです。

IM7D1810089267_L-S

IM7D1810089276_L-S
木の上を歩いている姿が見えたので確認すると「コサメビタキ」でした。
お目々がパッチリです。

IM7D1810089280_L-S
木の上に数羽の群れで飛んできたのは、「カワラヒワ」でした。
なかなか目的の野鳥とは出会えません。

IM7D1810089301_L-S
目的の野鳥のポイントで探していると、ここでも「コサメビタキ」がお目々パッチリで姿を見せてくれました。

川沿いのポイントで目的の野鳥を探していると、やっと姿を見せてくれました。
しかし、メッチャ遠いので、ここからは大幅トリミングしています。

IM7D1810089309_L-S

IM7D1810089310_L-S

IM7D1810089311_L-S
「ノビタキ」です。
春・秋の旅の途中に少しの間だけしか見られません。
6月に旅行で行った北海道では、普通に田んぼ横の道端にいました。
夏は北海道、冬は南国と、すごい距離の旅です。

IM7D1810089323_L-S

IM7D1810089328_L-S
人の通る通路に降りてきて、エサを探しています。
ここで、最低4~5羽いたと思います。

IM7D1810089343_L-S
とまっているの狙っているところへ、人が近づくとすぐに飛び立つので、連写しているとこんなのも撮れました。

IM7D1810089358_L-S

IM7D1810089377_L-S
下に人気があると、木のテッペンにとまって、周りの様子を見ています。
警戒心が強いので、遠くからしか撮れませんでした。

他の野鳥も探していたのですが、自然文化園の中は、台風21号の傷跡でボロボロになっていて、森の中はほとんど立ち入り禁止となっていました。
DSCS18100800139_S
西大路のプラタナスの大木も数本倒れていて、西大路も一部が通行止めとなっていました。
自然文化園の完全復活までには、少し時間がかかりそうな感じがします。



<2018年10月8日 万博公園にて>