昨日、お昼前に少しだけ時間が空いたので、自宅から間近の池にこの辺りでは珍しい野鳥が来ているとの情報で、行ってみました。

IM7D1802032975_L-S
池沿いのもみじの小路で待機していると、頭の上でカリカリという音が聞こえて、探してみると「イカル」がカエデの実を食べていました。

IM7D1802032985_L-S
お腹が満たされたのか、身繕いをしていました。

IM7D1802033000_L-S
池には、最近になってオスもやって来て「オシドリ」がにぎやかになってきました。

IM7D1802033024_L-S

IM7D1802043256_L-S
やはり「オシドリ」は、オスがいないと地味ですね。

IM7D1802033034_L-S
池淵では、「ジョウビタキ」君が、「僕ではダメですか?」とアピールしていました。

IM7D1802033040_L-S

IM7D1802033065_L-S
「ジョウビタキ」君も可愛いのですが、やっぱり希少価値という意味では、ちょっと残念ですね。(汗)

IM7D1802033073_L-S
期待する野鳥と同じような行動をする「アオジ」です。

IM7D1802033074_L-S
「アオジ」も可愛いのですが、やっぱり期待する野鳥とは違います。

時間リミットが来た時に、やっと期待していた野鳥「ベニマシコ」が、出てきてくれたのですが、カメラを向けてもピントが合う前に飛んでしまい、撮ることが出来ませんでした。
IM7D1802033085_L-S
悔しくて、時間をオーバーして狙いましたが、「ジョウビタキ」君が慰めてくれただけで、タイムオーバーとなり、帰宅しました。

 

これはリベンジをしなければと、今朝、もう一度行ってみました。

IM7D1802043134_L-S
池のポイントに着くと「モズ」君が、可愛い小鳥のようなさえずりをしていました。
「百舌鳥」というだけのことはありますね。
いろいろな鳥の鳴き方をしてくれます。

IM7D1802043166_L-S
今日も頭の上では、「イカル」が、イナバウアーのような姿をしながらカリカリとしていました。
必死に首を伸ばしています。(笑)

期待している「ベニマシコ」の姿が見られないので、もう一か所気になっている高町池に行ってみました。
こちらは前回姿を見た「アオゲラ」です。

IM7D1802043175_L-S

IM7D1802043179_L-S
「アオゲラ」の姿は見られませんが、高町池では、「カワセミ」嬢が、少しだけ相手をしてくれました。

IM7D1802043191_L-S
あしの間からですが、すぐ目の前にとまっていた「カワセミ」嬢です。

IM7D1802043185_L-S
高町池の奥の茂みで見かけたのは、「モズ」嬢です。

IM7D1802043192_L-S
高町池横の山田西公園にいた「ジョウビタキ」君です。
海老池の「ジョウビタキ」君のような人懐っこさがなく、すぐに逃げて姿が見えなくなりました。

高町池で期待した野鳥との出会いが無く海老池に戻ると、「ベニマシコ」が出たよという話を聞いて、待機することになりました。

IM7D1802043197_L-S
今日もちょくちょく姿を見せてくれたのは、「アオジ」です。

IM7D1802043209_L-S
そして、人懐っこい「ジョウビタキ」君も姿を見せてくれました。
本当にモデル気分のように見えます。

IM7D1802043256_L-S
池の方では、奥に隠れていた「オシドリ」が出てきてくれましたが、期待している「ベニマシコ」は、全く様子も見られません。

お昼過ぎまで待機していましたが、結局、今日は姿を見ることも出来ず、残念な結果となりました。
「高町池」へ行かなければ撮ることが出来たようなので、本当に悔いが残ります。
やっぱり「二兎を追う者は一兎をも得ず」のことわざ通りですね。
今日は、「ベニマシコ」に絞っておればよかったです。
これも野鳥との出会いの難しいところです。
次の週末で居てくれることは難しいと思いますので、次の機会に期待したいです。

奥さんが使っていたPanasonicの「LUMIX GH3」が少し古くなっていたので買い替えを検討していたのですが、PanasonicのGH3の後継機種は価格的に大幅アップとなり、なかなか買い替えが出来ていませんでした。
その状況で、最近、コンデジですが、SONYの「Cyber-shot DSC-RX10M4」が、野鳥撮りになかなか性能が良いことがわかり、思い切ってPanasonicの一式を下取りに出して、「RX-10M4」への乗換えを決断しました。
(コンデジですが、ミドルレンジのデジタル一眼並みの価格です。(汗))
以前から、奥さんが、風景を撮るときと野鳥を撮るときにレンズの交換が面倒と言っていたので、24~600mm相当まで撮影できるメリットも大きいようです。
そして、奥さんが使わない時は、私も使ってみたい性能があります。
600mmの超望遠でF4の明るさというのは、バズーカ砲レンズと変わりませんからね。
ヨドバシカメラで試してみましたが、AF性能と連射性能は、私の「CANON 7D Mk2+EF100-400mm」よりも上です。
まだまだデジタルカメラは、価格以上に新しい製品の性能が上を行きますね。

次回の野鳥撮りが少し楽しみになりそうです。(奥さんのカメラですが、(汗))

 

<2018年2月3日・4日 千里緑地周辺にて>