昨日(土曜日)、午前中に近場の野鳥撮りの散歩に行ってきました。
夏鳥が次々と休憩に寄って、通過していっています。

IMGX170429_7496_S
海老池沿いのモミジの通りでは、新緑の中にノムラモミジの春の紅葉が最高にきれいでした。

千里緑地では、声は聞こえるのですが、新緑中に姿は確認できません。
津雲公園にも寄ってみましたが、シャッターを一回も切らず、千里南公園に向かうことになりました。

千里南公園に着いて、北側の丘にあがってみましたが、野鳥の動きは見られず、すぐに病院側の丘に向かいました。
多くのBiederさんが、狙われていまいた。

IM7D1704294038_S
狙いは、「キビタキ」君でした。
新緑が茂った木の中に隠れているのを、沢山のカメラが狙っています。

IM7D1704294083_S

IM7D1704294091_S
なかなかモデルとなってくれず、木々の中を移動しています。
でも、この季節のスターは、やっぱり美しいです。

IM7D1704294109_S
丘のまわりに二羽の「キビタキ」君が居て、どちらもが牽制しながら、縄張りを主張していました。
でも、この「キビタキ」君たちも、気温の上昇とともにすぐに山の方へ移動していくのかと思います。

IM7D1704294051_S
「キビタキ」君を探している合間に相手をしてくれたのが、「アカハラ」です。

IM7D1704294064_S

IM7D1704294135_S
「シロハラ」に入れ替わって、夏鳥の「アカハラ」がウロウロしていました。
「シロハラ」は冬鳥で、寒いい時は比較的暖かい日本の平地に来て、暖かくなると涼しい北に移動していきます。
反対に「アカハラ」は夏鳥で、寒くなると暖かい南に移動し、暖かくなると日本へ移動してきます。
(大阪の夏は暑すぎるので通り過ぎるだけです。)

お昼まで千里南公園で楽しんで、帰りに千里緑地を通って自宅に帰りましたが、その帰りに千里緑地で出会いがありました。

IM7D1704294156_S
小中学校裏の小道沿いで「オオルリ」嬢が、姿を見せてくれました。

IM7D1704294160_S

IM7D1704294169_S
飛んでいる虫をフライングキャッチして食していました。
この時期は、夏鳥が、いろいろと移動していきます。

IM7D1704294173_S
その中、冬鳥の「シロハラ」が、まだ残っていました。
先週までは、津雲公園、千里南公園でも見られましたが、昨日は、この千里緑地だけでしか見られませんでした。
いよいよ居残り組となり、大丈夫ですかね?

このように近場の野鳥たちを楽しむことができました。

 

<2017年4月29日 千里緑地~千里南公園~千里緑地にて>