新年、明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

   

新年の初撮りは、奥さんの実家近くの淀川河川敷(豊里大橋付近)へ行ってみました。

毎年、お正月に泊まりに行った翌日、早起きして淀川河川敷の野鳥を撮影しています。

「キジ」や「ベニマシコ」などが見られる時もあり期待して行ってみました。

  

今日、淀川河川敷を散歩した様子をまとめてアップします。

  

s-IM7D1601025056

淀川で迎えてくれたのは、「ジョウビタキ(オス)」でした。

  

s-IM7D1601025239

s-IM7D1601025238

こんな普段撮れないような瞬間も撮れました。

  

オスだけでなく、

s-IM7D1601025163

「ジョウビタキ(メス)」も姿を見せてくれました。

  

s-IM7D1601025164

そして、そのメスは、木の実を飛びながら食べるというアクロバットを見せてくれました。

   

s-IM7D1601025218

「ジョウビタキ(メス)」は、ちょっと恥ずかしいところも。

オシリの下の落下物です。

  

s-IM7D1601025112

近場でもお馴染みの「アオジ」も出てきてくれました。

   

でも、淀川河川敷の野鳥たちは、広いところを飛び回り、人も少ないので、ほとんど人馴れしていませんね。

そのためにすごく警戒心が強く、どの鳥も近場での撮影のように近寄らせてくれず、思うように撮れませんでした。

  

s-IM7D1601025132

比較的近くで撮らせてくれた「モズ(オス)」です。

   

s-IM7D1601025156

「モズ」も冬になると高鳴きをほとんどせず静かにハンターをシテイルので、見つけるのに苦労しました。

   

s-IM7D1601025071

セイタカアワダチソウのてっぺんにとまっていたのは、「ホオジロ」です。

  

s-IM7D1601025090

河原のアシの中でゴソゴソしている鳥がいて、どうにか撮ることが出来ました。

  

s-IM7D1601025176

   

s-IM7D1601025181

   

s-IM7D1601025190

撮っている時は、「ホオジロ」と思っていたのですが、自宅でモニタで確認するとちょっと違うようで、「オオジュリン」のメスのようでした。

つい先日、奈良の平城宮跡で撮った鳥と同じです。

上の「ホオジロ」と比べると顔と胸の模様が少し違うのが、わかっていただけると思います。

   

s-IM7D1601025060

淀川の水辺にもたくさんの野鳥がやって来ていました。

水面が朝日でキラキラ煌き、野鳥はシルエットになってしまいました。

「ヒドリガモ」、「ホシハジロ」、「キンクロハジロ」などがいました。

   

s-IM7D1601025066

遠くの水鳥の群れの中に、一羽だけちょっと見かけない鳥がいました。(思いっきりトリミングしています。)

パンダガモと言われる「ミコアイサ」です。

もう少し近くで撮りたくて場所を移動しました。

   

s-IM7D1601025240

でも、なぜか、「ミコアイサ」1羽だけが、川の中心の方へ遠ざかっていってしまいました。

   

s-IM7D1601025256

ようやくこちらに顔を見せてくれた時は、はるか遠くで、こんな証拠写真程度しか撮れませんでした。

残念でした。

   

s-IM7D1601025265

近くに残っていたのは、「カンムリカイツブリ」と「ホシハジロ」でした。

   

野鳥を探しながら散歩していると、豊里大橋のしたでこんな自然現象を見ることが出来ました。

s-IMGX160102_3493

「彩雲」です。

本格的な虹ではありませんが、何か、嬉しい気分になりますね。

   

こんな感じで今年はまぁまぁのスタートがきれました。

今のところ近場の季節の野鳥は少ないようですが、まだこれから増えることも期待できます。

楽しめる一年になることを願います。

   

  

<2016年1月2日 淀川河川敷(豊里大橋付近)にて>