前回、「カラムクドリ」を撮りに行った日の夜に突然「顔面神経麻痺」が発病し、入院治療などでお休みしていた近場の野鳥撮りに昨日、久々に行ってきました。

入院中に夏鳥もやって来ているようで、気になっていたので、近場を周っていみました。

まずは、近い「紫金山公園(吉志部神社)」へ向かいました。

    

ここには、期待した夏鳥はまだ来ていないようで、ウロウロ探してみても見つかりませんでしたが、花がきれいでした。

IMGX150412_1084

この公園で有名な「コバノミツバツツジ」が満開で、散り始めている桜といいコラボでした。

   

P1504121240937

風が吹くと花びらが舞う桜がきれいでした。

   

P1504121240932

時々、姿を見せてくれた「シロハラ」です。

秋には、人を異常に警戒していたのが、最近は、警戒心が弱まっている感じです。

   

紫金山公園では、収穫がなかったので、次の候補地の「津雲公園」に向かいました。

  

着くとお目当ての野鳥がお出迎えしてくれました。

P1504121240983

「オオルリ(オス)」です。

新緑の向こうの青い鳥がいい雰囲気でした。

   

P1504121240988

「オオルリ」をこの角度で見ると水色のベレー帽を被ったように見えます。

   

P1504121250012

「何かご用ですか?」という雰囲気です。

   

P1504121250013

細い枝を器用に歩いていきます。(片足があがっています。)

    

P1504121250020

モデルのようにずっとこちらを向いてくれました。

なかなかサービス精神の旺盛な「オオルリ」です。

    

P1504121250061

丘の上から見下ろし気味に撮影出来たので、全身の色がきれいに撮れました。

    

この後、前日ここで見られたもう1種類の夏鳥を探したのですが、姿を見ることは出来ませんでした。

   

P1504121240963

公園内をウロウロしていると、ここでも「シロハラ」がちょくちょく姿を見せてくれました。

   

P1504121240967

「ツグミ」もまだ残っています。

夏鳥がやって来ているので、「シロハラ」や「ツグミ」などの冬鳥は、そろそろ北へ旅立って行く頃でしょう。

   

   

「オオルリ」を堪能できたので、満足して帰ろうとしたところ、ご一緒に撮影させていただいたBirderさんから、「ニュウナイ」がいますよ、と携帯に電話をいただき、あわてて戻りました。

   

P1504121250136

旅をするするスズメの「ニュウナイスズメ」です。

    

P1504121250146

普通のスズメより少し赤みのある色合いと、頬に黒い斑点がありません。

群れで移動していて、この辺りでは、この時期に少しの間だけ見られます。

   

P1504121250133

比較のために普通の「スズメ」もアップしておきます。

   

夏鳥もやって来て、少しの間、賑やかな公園になりそうです。

しかし、夏鳥はあっという間に通りすぎてしまうので、休日とお天気のタイミングが上手く合うといいのですが。

   

   

「顔面神経麻痺」の症状がまだ残っていますが、気持ち良い野鳥撮りの散歩になりました。

   

  

<2015年4月12日 紫金山公園・津雲公園にて>