少し遅くなりましたが、先週の土曜日に出かけた万博公園の野鳥たちです。

  

梅林の梅も満開となっていて、「メジロ」がたくさんやってきていました。

conv110319028

      

conv110319030

枝垂れ紅梅と「メジロ」です。

   

conv110319002

枝垂れ白梅と「メジロ」です。

  

conv110319001

白梅と「メジロ」です。

   

こうして並べると、やはり「メジロ」には、紅梅が似合っている気がします。

  

「つばきの森」には、メジロはいませんでしたが、足元を「ルリビタキ♀」が飛び回っていました。

conv110319004

conv110319005

conv110319007

conv110319008

   

「つばきの森」の横の茂みで何かごそごそ動くものがいると思ったら「マヒワ」の群れでした。

conv110319011

conv110319010

conv110319009

以前は、芝生広場の方に居たのですが、この日は芝生広場で見かけず、ここに集まっていたようです。

   

    

お彼岸が来て、そろそろ冬の野鳥たちも旅たちのころでしょうか?

2月に見かけた梅林の「ジョウビタキ」は、この日は目にすることはありませんでした。

   

野鳥の森から水鳥の池に行くと「カワセミ」が居ましたが、遠くてこんな写真しか撮れませんでした。

conv110319012

  

  

相変わらず野鳥の森では、「ソウシチョウ」を餌付けして撮影されている方々がおられましたが、いつまで続けるのでしょうか?

この日は、何と、エサを置く場所に人工的な背景まで作られていました。

同じ鳥を、同じ場所で、やらせの背景で、人工的に集めて撮ることが、野鳥撮りとして楽しいとはどうしても思えません。

それを咎めるつもりはありませんが、自然を壊すことだけはやめてほしいものです。

    

<2011年3月12日 万博公園・自然文化園にて>