今朝は、冷えているが快晴でいいお天気になったので、二匹目のドジョウ狙いで昨日に引き続き近場の野鳥撮り散歩へ。

しかし、二日も続けていい思いはさせてくれません。

conv101212001

ホタルの小径の入り口の「ルリビタキ」は、いつものように出てきてくれたのですが、今日はゆっくり撮らせてくれず、ピントの甘い写真しか撮れませんでした。

  

  

少し歩いていると途中の小さな池の横で見慣れない鳥が、木の上の方を行き来していました。

conv101212002

羽が褐色で胸のところに黄色が見られるので、「ルリビタキ」の雌と思われます。

もう少し下の方で留まってくれるといいのですが、上の方ばかりで、結局、こんな写真しか撮れませんでした。

  

高町池の奥の茂みでは、「アカゲラ」や、「カケス」を期待したのですが、「アカゲラ」は全く姿が見られず、「カケス」は『ギャー』という鳴き声は聞こえたのですが、姿はチラッと見えただけでした。

  

「アカゲラ」と「カケス」を探している間に相手をしてくれたのは、

conv101212004

conv101212005

「モズ」でした。

  

conv101212003 

そして、「ゴイサギ」のこんな姿を見ることが出来ました。

  

  

なかなか連日のヒットは難しいです。

帰り道には「アオジ」が、ちょっとだけですが相手をしてくれました。

conv101212006

相変わらず、地味ですが可愛いです。

お天気が良かったので、この青空をバックに「アカゲラ」や「カケス」が撮れたらと淡い期待をしたのですが、ダメでした。

やっぱり出会いは、期待するものでなく、偶然の方が強いようです。

<2010年12月12日 千里緑地(高野台グランド~高町池)にて>