今朝は、昨日の大荒れのお天気も治まり、青空のいいお天気になったので、いつものように近場の散歩に出てみました。

  

海老池横の紅葉の美しいモミジの木に「エナガ」、「メジロ」の群れが来ていました。

conv101204002

モミジの木についた虫を探しています。

  

conv101204001

下から撮っていると、葉が完全に落ちた木の上から、睨まれたような写真が撮れました。

「エナガ」は、いつもながら姿は可愛いのですが、目つきはきついです。

  

conv101204003

真っ赤に紅葉したモミジの中の「メジロ」です。

春に梅や桜の木の中の「メジロ」もいいですが、紅葉したモミジの中の「メジロ」は秋らしくいい感じです。

  

conv101204004

ただ、下から撮るので、「メジロ」の美しい緑の姿が映らないのが残念です。

  

conv101204005

「エナガ」と「メジロ」の群れに少し遅れるようして、「ヤマガラ」がやってきました。

「シジュウガラ」もいたのですが、素早い動きについていけず、まともに撮れませんでした。

  

この後、いつものコースで高町池の奥の茂みに行ってみましたが、ボランティアの方が茂みの笹を刈っておられて、野鳥の出てくる様子がまったくありません。

conv101204011

以前は笹が被い茂っていたのですが、きれいさっぱり刈られていっています。

「アオジ」や「ウグイス」が居たのですが、どうなってしまうのでしょうか?

これから野鳥が落ち着く時期に、わざわざ刈ることはないと思うのですけどね。

  

こんな状態なので、早々にここを後にして、今日は帰路につくことにしました。

conv101204006

高町池で「ウグイス」をやっと撮ることが出来ました。

茂みの中をウロウロしているので、どうしても枝かぶりしてしまいます。

  

そして、小・中学校裏の小道を帰っていると小道の終わりところで、「ヒッ!ヒッ!」と鳴き声が聞こえてきて、「ジョウビタキ」かと思い探していると、思いがけず「ルリビタキ」の雄が出てきてくれました。

conv101204009

木々が被い茂る中、逆光と言うこともあり、薄暗くノイズの多い写真となってしまいました。

  

conv101204010

よく考えると、昨年もここに「ルリビタキ♂」が来ていました。

昨年は、まだ若い感じでしたが、もしかすると同じ個体が成長してやってきたのかもしれません。

今シーズンもここで来年の春まで過ごしてくれるといいのですが。

  

今日も、全体としては野鳥の出が悪かった気がしますが、こうしてちょっとした出会いもあるのが、このシーズンの野鳥撮りの楽しいところのような気がします。

  

  

<2010年12月4日 千里緑地(海老池~高町池)にて>